痩せてドレスが似合う花嫁さんになりたい

幼い頃からポッチャリしていました。幼い頃は「デブ」とかわらかわれる事もありましたがさほど気にする事なく大人になりました。結婚が決まりドレスを着る事になり初めてのドレスショップへ。予め自分のサイズをショップに伝えていました。

担当の女性より事前に好みの色やドレスのデザインを聞かれておりショップに着くと担当の方のおすすめのドレスが出してありました。試着してみると初めてのドレスに感激したもののやっぱり沢山のドレスを見るとあれもこれも試したくなります。ドレスを見て回りいくつか試着をしたいと伝え試着する事になりました。
ですが、いざ試着をしてみるとドレスが入らない事が判明。背中の部分が閉まらないんです。背中の肉が付きすぎて。おすすめといって用意されていたドレスは入ったのに、と残念そうに言うと予め用意されていたドレスは大きいサイズのものから選んで下さっていたとの事。自分の太った身体が恥ずかしくて。もっと痩せていれば自分で選んだドレスも着れたしはみでた背中や腕の肉を見て悲しい気持ちになる事もなかったのに。こんな風に自分を惨めに思う女性を妻にしようとしている彼に対しても申し訳なくなりました。

幸いその日は彼とは都合が合わなかった為一人でショップに来た為恥ずかしい姿を見られることはありませんでした。その日は結局ドレスは決まらず。結婚式まではまだあと半年あります。彼に綺麗と言ってもらえるように、自分の為に、絶対痩せてみせると決意したのでした。

未分類

Posted by ココロ


PAGE TOP