今の当たり前は今後もずっと当たり前

痩せたい、、そう思う方は自分の体型に自信がない、いつの間にかこんな体型になってしまったという人が大多数ではないでしょうか?
今では低価格でどこでもいつでも美味しい物が手に入ります。

その最たる例がコンビニ。コンビニに行くと目的物以外にもあれもこれもとついつい買ってしまいがち。そんな行動を繰り返していては「痩せなきゃ」という思いとは裏腹に体重はどんどん増すばかり。
でも、私を含めみなさんもそれが普通だと思いますよね?1日3食を食べ、時にはデザートも、お酒だって飲む。誰だってやってることなのになんで自分だけ理想の体型から遠ざかるのか。なんで普通のことをしてるのに、、。
実はここに問題があると思うのです。この普通、当たり前と思うことは本当に普通、当たり前なのでしょうか?
医学はどんどん進歩してきております。新たな治療薬が開発されたり、治らない病気が治る病気になったりと。また、今まで常識と思っていたことが実は間違いだったということも。
半世紀前、戦後直後の日本で白米が糖質と認識していた人が果たしてどれだけいるのでしょう?今では多くの人が炭水化物は糖質であることを知っており、ダイエットの一手法として炭水化物抜き=糖質制限ダイエットに挑戦する方も少なくありません。

知識を増やすということは新たな知識を増すだけではなく、古い知識をアップデートしなければなりません。このアップデートが「痩せなきゃ」と思うことに必要不可欠だと私は思います。
つまり痩せるためにやることはダイエット方法を新たに見つけるのではなく、今当たり前にやってる事を見つめ直す、これが痩せるためのファーストステップ。
かつての私は夕飯を食べる時間を気にしたことはありませんでした。しかし、痩せなきゃという気持ちから20時以降は食事をしないようにしました。すると朝はお腹空いて起きれる、朝ごはんはきちんと食べれる、朝ごはんをしっかり食べるので1日調子が良いという好循環ができました。でも毎日毎日20時より前に夕飯を終えることはできないので、そういう日のために消化に良いものを勉強したり、糖質以外は食べても良いとしたり、新たな知識を取り入れました。

「痩せなきゃ」と思うと全く新しいことを始めると思いがちですが、今自分が当たり前にやっていることを変えてみる。自分の普通、当たり前を疑ってみる。そうすることで「痩せなきゃ」という思いを抱かなくなるようになるかもしれません。

未分類

Posted by ココロ


PAGE TOP